MENU

LINEブロックされたけど連絡とりたい、どんな手段がある?

彼を怒らせてしまった・・・。連絡を取ろうと思い、LINEを確認するとどうやらブロックされてしまっている様子。

 

そんなことをされてしまったら、仲直りしようにも彼に自分の想いをちゃんと伝えることが出来なくて、すごく困ってしまいますよね。

 

そこで今回は、彼氏にLINEをブロックされてしまったけど、どうしても連絡がしたい!というあなたに、5つの連絡手段をご紹介したいと思います。

 

@共通の知り合いに連絡してもらう

もし彼と共通の友人がいればその人に協力してもらって、仲を取り持ってもらうことがお勧めです。

 

友人や知り合いが間に介入していると彼も感情的になりにくいですし、無視をされたりすることもないでしょう。

 

ただし、怒らせてしまった原因があなたにある場合、その愚痴を友達に言われてしまったりすることがあるので、キーパーソン選びは慎重に行った方が良いでしょう。

 

まずはLINEで軽く「彼女と喧嘩したの?仲直りしたいって言ってたよ。」と彼に状況を伺ってもらったり、あなたからの気持ちを伝えてもらいましょう。

 

ある程度そのやり取りの中で彼も気持ちが落ち着いてきたり、あなたに対しての誤解が解けると、LINEのブロックを解除してくれるかもしれません。

 

Aグループ名にメッセージを入れて招待する

少し高度な技ですが、ブロックされた相手でもグループに招待をすることは可能なんです。

 

やり方は、新規LINEグループを作成し、LINEグループ名に彼氏に伝えたいメッセージを入れて、彼氏を招待するという流れです。

 

LINEのグループ名は「ごめんなさい。話したい。」とか「ブロック解除してください」など端的で分かりやすいものがいいでしょう。

 

かなり切羽詰まっている感じが彼に伝わりやすい方法ではあるので、他の手段が本当に見つからないときに使ってみることがお勧めです。

 

BSNSのコメントやメッセージ機能を使う

シンプルですが冷静になって考えてみれば、LINE以外にもメッセージを送ることができるものってたくさんあったりします。

 

その代表格がSNSのコメントやメッセージです。彼氏がもし、facebookやinstagram、twitterなどをやっていればですが、それを活用してみるのはどうでしょう。

 

それらすべてをブロックされていることは少ないんじゃないかと思います。

 

この方法だと送られてきた彼もそこまで抵抗感なく、メッセージを読んでくれるのではないかと思います。

 

CSMSを使う

もし、あなたが彼氏の携帯番号を知っていれば、SMS(ショートメッセージサービス)を使えるはずです。

 

ただし着信拒否されていたら、SMSも使えないかもしれないので要注意です。

 

いきなり電話してしまうと彼も焦ってしまって、スムーズに仲直りが出来ない可能性もあるので、まずはSMSでジャブを打ってみるのがいいかもしれません。

 

D手紙を送る

かなり古風なやり方であり、好みは別れると思いますが、彼氏の住所を知っていれば手紙という手段もあります。

 

手書きの文章は想いが伝わりやすいですし、そこまで自分のことを思ってくれていたなんて・・・と感動する人もいるかもしれません。

 

文字数が限られない手段のため、一回のアクションで自分の思いを存分に伝えることが出来るのもメリットの一つだと考えていいでしょう。


このページの先頭へ