MENU

彼氏からLINEがこなくて不安…どうすればいい?

「まだかな、まだかな」と待ってても、一向に彼氏からLINEの返事がこない・・・。不安になりますよね。

 

「忙しいのかな?」「携帯を落としちゃったとか?」「もしかして私に愛想を尽かしたとか!?」などなど、色々な考えが脳裏をよぎると思います。

 

このように彼氏からLINEの返信がこない時、どうすればいいのか?いくつかの対処法をご紹介します。

 

まず最初に注意すべきこと

彼氏にも理由があってLINEができない可能性があります。例えば、スマホを失くしてしまったり、スマホが壊れてしまったり・・・といったことです。

 

このような理由の時、一番やっちゃダメなのは、「自分が嫌われているのではないか?」「浮気をしているのではないか?」などと疑って、「もしかして別れたいの!?」「浮気でもしてるの!?」というような追撃lineをしてしまうことです。

 

彼氏から返事がこないままだから、ついそのようなLINEをマシンガンのように送ってしまったり・・・。彼氏がスマホをやっと使える状態になったとき、それらのLINEを見たら、絶句してしまうでしょう。

 

「こんなに情緒不安定な女だったんだ・・・」「こんなに束縛する女だったんだ・・・」などと、幻滅されてしまうかもしれません。鬼LINEや鬼電はくれぐれもしないようにしましょう。

 

一度電話してみる

LINEで反応を返してくれないなら、一度電話してみましょう。LINEだったら「後回しでいいや」と思う人でも、電話だったら「取らなきゃ」とか「折り返さなきゃ」と思う人は多いです。

 

実は、男にとってLINEのメッセージを送信するのって、とても面倒な作業なんです。

 

まずは相手のメッセージを読んで、どんな内容を送るか考えて、次にそれを文章にしないといけません。そうすると、面倒臭がりの人だと返事するのを後回しにしてしまって、結局は忘れてしまうなんてこともよくあります。

 

ただし、電話するにしても極力1回に留めてください。「相手が出るまで・・・」というような気持ちで、何回も何回も電話するとしつこいと思われて、あなたに対しネガティブな感情を抱いてしまうかもしれませんから・・・。

 

1回電話して、出てくれなかったら、おとなしく折り返しの電話を待つのが得策でしょう。

 

彼からの連絡を気長に待つ

LINEにも電話にも応じてくれない。そんな状況なら、彼からの連絡を気長に待つのも一つの手です。余計な追撃LINEをすることで、状況を悪くしてしまうことも多々ありますからね。

 

たとえば、彼氏も自分のペースでその内返信しようと思っている場合であれば、「またLINE来たよ、こんなプレッシャーかけられると、返信する気なくすなぁ」などと思われてしまいます。

 

「返信くれないのには、何かどうしようもない事情があるのかもしれない」と彼氏を思いやって、ゆっくりと待ってあげるのも愛の形です。

 

我慢が要りますし、苦しいかもしれませんが、ここが頑張りどころだと思いますよ!

 

共通の知り合いに彼の様子を伺う

彼との音信不通状態が長引くようなら、彼氏と共通の知り合いに「ここ最近、彼と連絡が取れないんだけど、何か知らない?」などと彼の様子を伺ってみるのも良いでしょう。

 

どんな悩みでもそうですが、一人で答えの出ないことをグルグル考えるよりも、誰かに話して相談したほうがずっといい答えが出てくるし、話すだけでも意外にスッキリするものです。

 

彼氏が病気だとか、スマホを失くしたとか、やたら忙しそうとか、そういった事情がわかれば納得できるかもしれませんしね。

 

また、彼氏があなたとのことで何か思い悩んだりしているなら、共通の知り合いから新情報を得られる可能性もあります。それを聞くのも恐いと思いますが、原因がわからないと対処も出来ませんから・・・。

 

最終手段として彼の家へ行く

LINEに応答してくれない、電話にも出てくれない、知り合いからの呼びかけにも応じてくれない、それなら最終手段として彼の家へ行ってみましょう。

 

残念ながら家に行っても出てくれないということもあり得ます。そんな場合は、短い手紙を残しておくのも手です。

 

メモ帳など簡素なものではなく、しっかりと便箋にメッセージを書いて、可愛い封筒にでも入れて、彼氏の家のポストに投函しておきましょう。

 

もちろん文章の中身は、相手を傷つけないように細心の注意を払ってくださいね。

 

「手紙なんか残したら重いと思われそう・・・」と心配かもしれません。でも、それはそれで仕方がないことです。

 

大事なのは、「いまの状況を打開する」ということですから、試してみて損はない方法だと思いますよ。


メニュー

このページの先頭へ