MENU

彼氏に既読無視されて1週間、もしかして冷められた?

彼氏に既読無視されて1週間も経ってしまうと、「もう冷められたのかも・・・」なんて思ってしまうのは当然のことですよね。

 

大好きな恋人同士であれば毎日LINEのやり取りをするのも普通ですし、1週間既読無視されてしまうなんて、あり得ない状況と言っても良いでしょう。

 

しかしあり得ない状況とはいっても、冷められたとは限らない場合もあります。

 

では、彼氏が1週間も既読無視するのにはどんな事情が考えられるものなのでしょうか?

 

今回は、彼氏に既読無視されて1週間経っている時に考えられる彼氏の心理や状況を推理してみます。

 

@返信に困る内容だった

そもそも返信に困る内容だとしたら、いくら彼女が相手でも既読のまま1週間放置してしまうこともあるものです。

 

例えばよくある状況として考えられるのは、ポエム的なものを彼氏に送ってしまうパターンです。

 

思わせぶりなポエムをLINEで送っても相手は正直困ってしまいますし、自己満足っぽい内容なら「返信しなくてもいいかな」と思われてしまうでしょう。

 

もし彼氏から1週間既読無視されている状態なら、一度送った内容を見返してみましょう。

 

冷静に考えてみて、「これは確かに返信に困る内容かも・・・」と思うなら、彼氏はそのせいで既読無視してしまっている可能性も高いです。

 

A返信するタイミングを見失ってしまった

返信するタイミングを見失ってしまったときにも、意外と既読無視は長く続いてしまいやすいものです。

 

あとで返信しようと思っていたものの、時間が経ち過ぎてしまったため「まぁ、いっか」と返信をしていないパターンです。

 

仕事などで忙しい状況が続いていたりすると、メッセージは読んだものの、すっかり返信するタイミングを見失ってしまうことも多くあります。

 

特に「今更返信してもなぁ・・・」という内容の場合、時間が経ってしまうとそのままスルーしてしまう男性は多いものです。あまり連絡することに対してマメではない男性は余計にそう思ってしまうでしょう。

 

もし彼氏が普段からあまり連絡を頻繁にくれる方ではないなら、1週間既読無視されているのは、ただ単純に返信するタイミングを見失ってしまっているだけという場合もあります。

 

B返信するのを忘れている

1週間って長いようで短いですよね。確かに返信を待っている側からすれば、1週間も既読無視され続ければとても長く感じるものですが、意外と返信する側はその1週間をそこまで長いと感じていないことも多いです。

 

彼氏は単純に返信するのを忘れているだけなのかもしれません。返信したつもりでいて、実は忘れている・・・なんてパターンもよくあります。

 

仕事や人付き合いで忙しい日々が続いていたりすると、いくら相手が彼女とはいえ、返信するのをすっかり忘れてしまう男性も実はいるものです。

 

彼氏から1週間も既読無視されることに対して、全く身に覚えがないのなら、「冷められたのかも・・・」なんて気にする必要はないでしょう。返事を催促すれば、今までどおり普通に返信してくれる可能性は高いですよ。

 

Cもう別れるつもりで返信する気もない

彼氏が1週間も既読無視するのは、上記のように単純に忘れているということも考えられますが、一方ではやはり、もう別れるつもりでいるというパターンも考えられます。

 

もう彼氏はあなたに冷めてしまい、連絡をするのも面倒に感じてしまっているのかもしれません。そのせいで、LINEも既読無視を決め込み、どうとでもなれと思っている可能性があります。

 

大喧嘩をしたあとや、気持ちのすれ違いが多かったあとであれば、このように冷められてしまっているケースも十分考えられると言えるでしょう。

 

早めに会うなり電話をするなりして関係を修復しなければ、LINEをブロックされてしまうかもしれません。


このページの先頭へ