MENU

もう連絡してこないでと言う彼氏の心理とは?

彼氏に「もう連絡してこないで」なんて言われたら、深く傷つきますよね。

 

そう言われたからには安易に連絡なんて出来ない。「私のことを嫌いになっちゃったのかな・・・」と思ってしまうのも普通でしょう。

 

しかし、彼はあなたを嫌いになったから「もう連絡してこないで」と言ったとは限りません。一時の気の迷いだったり、あなたの為を想って言ったという可能性も・・・。

 

今回は、「もう連絡してこないで」と言う彼氏の裏に潜む心理について解説します。

 

ムキになってつい言ってしまった

彼があなたとの喧嘩の流れから、「もう連絡してこないで」と言ってきたなら、ムキになってつい言ってしまっただけかもしれません。

 

その言葉は突発的に出てしまっただけで、そこまで深い意図はなく、後戻りできなくなってしまっているだけの可能性も高いです。

 

この場合、彼からは「もう連絡してこないで」と言った手前連絡しづらいので、彼の様子が気になる場合はあなたからしれっと連絡を取るのが手っ取り早いでしょう。

 

あなたとはもう縁を切りたい

彼は、あなたに愛想が尽きた、他の相手が出来たなどの理由から、あなたとはもう縁を切りたいと思って「もう連絡してこないで」と言ってきたのかもしれません。

 

彼の本心から出た言葉かどうかの見極めが大変難しいですが、以前から兆候があったり、二人の問題が長期化している中で彼から出た言葉であれば、この可能性は高いかもしれません。

 

この場合は、簡単に彼の気持ちを変えることは難しいと思いますので、じっくりと彼の気持ちに向き合いつつ、連絡は最適なタイミングを見計らう必要があります。

 

あなたの相手に疲れた

彼は、あなたのワガママや自分本位の言動、マシンガンのようなLINEや電話に疲れてしまい、「もう連絡してこないで」と言ってきたのかもしれません。

 

この場合は、別れたいと思っているかどうかまではまだわかりません。一時的に連絡を取ることが嫌になってしまっているので、あなたも落ち着いて自分の言動を改めた方がいいでしょう。

 

自分の行動で彼をしんどい気持ちにさせてしまっているなら、彼が落ち着いたであろうタイミングで連絡を取り、これから彼ともう一度良い関係性を築き直す努力が必要でしょう。

 

自分と一緒にいるとあなたの為にならないと思った

彼は、なんらかのきっかけで自己嫌悪に陥ってしまい、自分と一緒にいるとあなたの為にならないと思い、あなたの為を想って「もう連絡してこないで」と言ってきたのかもしれません。

 

進学や就職、転勤など人生の節目があるタイミングに、このような感情はお互いに抱きやすい傾向にあります。

 

新しい道をお互いに進むときって、それまでの二人の関係性から少し形を変えなければ成立しづらくなることもあります。

 

どちらかがその変化を拒んでしまうと、一緒にいても自分は相手に悪影響を及ぼしてしまうかも・・・と自信をなくしてしまうんですね。

 

結構思い込みだったり被害妄想だったりすることもあるので、この場合はきちんと彼とお話して、まずは誤解を解くところから始めるのが良いでしょう。


音信不通の彼と連絡が取れたという声多数

音信不通、着信拒否、LINEブロック、未読スルー、既読スルー、そんな絶望的な状態からでも彼の連絡を引き寄せられる確かな実績を持つ占い師だけを集めました。

▼詳しくはこちらをタップ▼

メニュー

このページの先頭へ